07
2011

不動産投資基本ノウハウ10

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
さて、次は物件そのもののチェックポイントをお話しします。まずは広さです。先般も書いた通り鉄筋のワンルームは比較的家賃が高いので、若干面積は広めの方が有利です。よく言われるように18平米以上あればベターです。…が、ワンルームの場合、むしろ広すぎる方が問題になることが多いです。

意味が分からないかもしれませんが、やはりターゲットに合わせた商品にしておかないといけないということでして、例えば30平米を超えた単身者用物件などは、グッとターゲットの数が減ってきます。DINKSを狙うか、財布の緩い独身貴族を狙うかになってきます。この層になると家を買い始めたりしますので、長期的な居住が見込みにくいです。

また、退去時のリフォームもやたら高額になってきます。つまり資産価値としては面積比例であるため十分なのですが、得られる家賃に比べてかかるコストの比率が高くなり、投資案件としてはイマイチになってくることが多いようです。やはりほどほどの物件にしておいた方が結局は儲かるということだと思います。