12
2012

不動産投資の基本ノウハウ42

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
物件を選定するにあたって、物件の構造は大きな判断ポイントになると思います。今まで物件購入に関する相談に乗ってきた中でもよく話題になっています。今更ですが賃貸物件の構造といえば、だいたい木造、鉄骨、鉄筋の3種類にわかれると思います。まずは木造物件の長所、短所について考えてみたいと思います。

木造の物件の良いところは一言で言って、安いところに尽きます。特に新築で建てるときに比べてみると、その値段の違いに驚かされることになります。中古の物件を購入するにあたっても、多くの場合、土地値の評価が大きく建物の割合が低いことに気がつくと思います。つまり売買価格のうち、土地の価格の占める割合が高いです。

建物の値段に安さに比例して家賃も鉄筋のマンションに比べてだいたい2~3割ほど安いです。購入するのも安く、家賃も安いということになりますね。鉄筋コンクリート造と比べると、比較的割が良い物件が多いです。