24
2012

不動産投資の基本ノウハウ46

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
次に鉄骨造(S造)の不動産投資物件について考えてみます。木造アパートは通常2階建てがほとんどです。3階建てもたまに見かけますが、今のところあまり出回っているようには思えません。鉄骨だとエレベーター無しで5階まで、エレベーターさえつければ容積率が許す限り何階でもOKです。階数が増えると土地面積あたりの収益力が格段に上がります

鉄骨の特徴として、梁が鉄なので壁が少なくて済むため設計の自由度が増すとか、広々空間で云々言われますが、ことワンルーム程度の話であれば、ちょっと良い木造くらいと考えておいたほうが良いです。格別遮音性良いわけでもありませんし、どうせワンルームにしてしまうのであれば自由度などもあまり関係ありません。

軽量鉄骨であれば法定耐用年数も木造とあまり変わりありませんので、税金的なメリットもそれほど変わらないように思えます。木造と違うのは構造部分の修理が難しいというところです。私は被ったことはありませんが、木造と違い、柱の差し替えなどがほぼできないと思って差し支えありません。