05
2016

代替わりにより、売り物件が出てきた

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
大家仲間や知り合いの業者さんなどから地方の売り物件の情報をいろいろと集めていたところ、面白いことに気が付きました。地方の売り物件は世代交代で売りに出されるケースが多いようです。つまりオーナーである先代が亡くなるか老齢化するかなどの理由で、被相続人が売りに出すということです。

たまたまかもしれませんが東京近郊の投資物件の場合、どちらかというと本業の事業がうまくいかなくなって仕方なく手持ちの物件を売却するケースが多いように思えたため、ちょっとした違いを感じます。その一番の違いはスムーズさです。

例えば、地方の物件はあまり売り急いでいないためか、不動産屋の技術が弱いためかわかりませんが、地場の不動産屋から買おうとすると取引成立までに大概モタつきます。確かに地方物件は良いモノが多いですが、融資が難しかったり、相続で揉めたりしている物件も多いです。そういう意味ではプロの不動産投資業者が関与している物件を狙うべきだと思います。