01
2016

地方投資物件所有者の声

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
私自身も地方投資物件を保有していますが、私の大家仲間にも遠隔地域の物件を保有している人が結構います。東京在住で地方の物件を持っている人、または地方に居住しながら東京の物件を保有している人も多いです。遠隔地物件の経営で一番参考になるのが転勤族サラリーマン大家さんです。

彼らはいつ、どこの地域に異動になるかわからないため、投資地域ごとにコアとなる賃貸管理業者を持っています。例えば名古屋地域であれば、名古屋地域にある不動産管理会社の中から比較的広域を管理してくれる業者を探し、数棟まとめて管理を委託しています。そして原則その会社とだけ密にやりとりをし、管理の手間を省くというパターンが一番うまくいっているように思えます。

海外に転勤になった大家さん仲間もいます。私もそうしていますが、こういう人は主要管理会社にある程度の裁量を渡し、その範囲内であればオーナー確認をすることなく判断してよいという契約にしていますね。もちろんある程度は管理会社判断による責任は追求しますが、悪質でない限りはあまり文句を言わないようにしています。ロスも少なくないですが、時間も手間もかからないので、結局はこのような管理形態にするのがオススメです。