30
2015

空室を防ぐために絶対入れておくべき安い設備7選(セキュリティ編)2

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
①カラーモニター付きドアホン

モニター付きドアホンを本気でつけると3~5万円はかかります。部屋数が多くなると結構な負担になりますよね。最近は便利なものが出ていて、パナソニックから販売されている「ドアモニ」という商品は安くて工事が不要なスグレモノです。普通に玄関扉に引っ掛けるだけでOK。これは女性に嬉しい装備です!

ドアモニはドア上に引っ掛けたカメラの画像を、室内の子機に無線で飛ばす監視カメラです。電池が必要ですが配線工事が不要なのでオーナーのDIYで取付可能ですね。ただし電池は入居者持ちということにしておきましょう。

②ディンプルキー、ダブルキー

玄関ドアセキュリティ要は当然「鍵」です。古い賃貸だと未だに単純なH番キーを使っている部屋がありますよね。最近は入居者もいろんな情報を持っていますので、セキュリティに敏感な入居者はH番キーを敬遠する傾向にあります。セキュリティが高いと言われているいわゆるディンプルキーであれば2万円前後で交換できますので、空室時には検討してみると良いかもしれません。工事が面倒、それでも高いというのであれば、デジタルドアロックなどは工事不要でセカンドキーとして最適です。1~2万円くらいで自分で取り付けできます。

デジタルドアロックも相当なスグレモノで近々メジャーな装備となるのではないかと思います。いろんなパターンがあり、リモコンで開ける外側から機械が見えないものや、粘着テープで貼り付けるタイプなど様々です。機械式ロックは圧倒的なアピール感があるみたいです。