27
2016

空室を防ぐために絶対入れておくべき安い設備と対策9選(清潔編)4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
⑥キッチン傷などはシートで隠す

ワンルームのキッチンや、まだ使える洗面台の扉、建て付け家具の表面など、人が生活すると傷がついたり醤油?をこぼしたような落とせないシミが残っていることがあります。通常の生活でついた傷や汚れは入居者負担にできないですし、固定家具のパーツなので仕方ないと諦めているケースが多いと思います。

しかし、入居者はそんな傷や汚れも見逃してくれません。そういうところに年季を感じてしまい、それが全体的な部屋の生活感や中古感を醸してくるのです。でも建具や扉を交換するのは結構高いし、難しい。。そこでオススメなのがダイノックシート(装飾用塩ビ系シート)を貼って隠してしまうという方法です。ダイノックシートとはちょっと厚手なのり付きのシートのことです。色や模様が印刷されているので、サイズに切り取り、面に貼り付けるだけで、見違えるように綺麗になるというスグレモノです。飲食店の装飾などにも使われているので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

ちなみにカッティングシートという似たようなものもあります。カッティングシートも同じような機能を持ったシートですが、ダイノックシートと比べて薄いので個人的にはあまりオススメしません。値段は張りますが、ダイノックシートというものを使ってください。

シートの施工は結構難しいです。貼る時に曲がってしまったり、模様が左右の扉でズレてしまったり、空気が入ったり、その空気を抜こうとして線のような跡が残ったりと、一筋縄ではいかないものです(すべて自分で経験済です)。ダイノックシート貼りで最も気をつけなければいけないのが、下地を真っ平にしておくことです。平坦なシートというものは、ちょっとのデコボコを過剰に浮き上がらせてしまいます。タバコのフィルムで平らなテーブルを触ってみてください。ものすごく凹凸を感じることかと思います。ダイノックシートも同じです。ゴミ、ささくれ、ペンキなどのムラなどはヤスリで削るかパテで埋めるかなどしてとにかく平らにしてください。やってみると結構難しいんですけどね。

私が不器用なだけかもしれませんが、中途半端な素人施工で手作り感を残すようなリフォームをするのであれば、ちょっとお金をかけても業者にお願いする方が数倍良いです。賃貸の世界では、手作り感とか味などという言葉はありません。工業製品だと思ってピシっと施工しましょう。

⑦エアコン配管に化粧カバー

あと、リフォーム後の部屋を見て残念なのがエアコンの室内配管ですね。テープでグルグルのまま露出していたり、一部浮いていたりと、手抜き感を感じることが多いです。ひどい場合だとその隙間にクモの巣が張っていたりすることもあります。エアコン交換業者にお願いすると1万円前後かかるので思わず削りたくなってしまいますが、私は化粧カバーをすることをオススメします。もちろん室内側配管だけで結構です。器用な人であればホームセンターで安く買ってきて、自分でカバーしても良いかと思います。壁に穴を開けられるレベルのDIYで十分施工可能です。化粧カバーは地味ですが、パッと見、エレガントになります。