23
2016

空室を防ぐために絶対入れておくべき安い設備5選+α(収納編)

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
⑤デッドスペースのフル活用(全部やる必要はありません)

ワンルームなどの狭い賃貸住宅では、収納はとにかく上の方を活かすように心がけると良いと思います。低コストで他物件と差をつけるには、収納力向上は結構効果があると思っています。例えばトイレが個室の物件では、だいたいシンプルな四角い狭い部屋に便器がポツンとあるだけだと思いますが、天井が結構デッドスペースとなっていると思います。ここに棚板(扉は要らない)をつけるだけでも結構な収納力アップになります。よく飲み屋のトイレで見かけますよね。あんな感じです。トイレにはさほどの居住性も要らないですし、手頃な入居者サービスになるかと思います。

あとは最近はエアコンをかけっぱなしにして室内干しするというのが普通になりつつありますので、後付の室内物干しをつけると良いと思います。家電メーカーなどから電動式が出ていますが、ハッキリ言って手動式で十分です。メンテ代もかかるのでもったいないのでやめましょう。ワイヤー型、バー型、フック型などいろいろとありますが、カーテンレールに負荷をかけるようなものは避けた方が良いと思います。物干しは重量がかかるので壁か天井に施工するべきかと思います。施工はちょっと難しいので、業者に任せたほうがベターです。

最後にちょっと収納から離れてしまいますが、庭やベランダをちょっと施工するというのも入居者インパクトが大きいです。ベランダですと通常は部屋よりも少し低くなっていると思いますが、床のレベル(高さ)を室内と同じにすることで、部屋の延長のような印象を与えることができ、かなりの差別化につながります。これは家族向け賃貸など、ちょっと高額な物件でやった方が効果が高いと思います。