02
2016

ネットでやたら見かける業者は要注意

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
次に避けるべき業者はネットでやたらと広告などを見かける業者です。ここ数年でインターネットで不動産投資に関する広告をたくさん見かけるようになりました。あまり人様のビジネスモデルにケチをつける気はないのですが、あまりにも被害が多いので一応書いておきます。ネットやセミナーで人を集める業者のビジネスモデルは、「広告で大量集客→お金にしやすい人だけをフィルタリング→その他の面倒な人は大量廃棄」という形です。次から次へと人を集めるので、そりゃある程度は与信が高くて売りやすい人もまぎれていることでしょう。与信が良くて金を持っていて、素直な売りつけやすい人のみをフィルタリングするのです。こうすると流れ作業でバシバシ売れるので素晴らしいビジネスとなるわけです、、不動産業者にとっては。

私たちにとってはこのビジネスモデルは最悪で、業者の条件(フィルター)にマッチしない場合は対応すらしてくれませんし、たまたま引っかかったとしても個々の事情など鑑みてもらえないので、自分にとって優れた投資案件にはならない確率が非常に高くなります。パッケージ商品なので「一応、買うことはできる」といった程度です。結果的に全然良くない案件が多いですね。なんかサンゴを底引き網でゴッソリ持っていって、良いサンゴだけを拾って残りをガバッと海に廃棄するような例の漁船団みたいなビジネスモデルです。

セミナーで集客する業者はネット広告よりは手間がかかっているだけ幾分マシですが、外部の著名投資家などの客寄せパンダで集客する業者はちょっと怪しい気がします。自社でセミナーする分にはまだコンテンツ(内容)が自社にある分だけマシですが。そもそも重要な情報が無料セミナーで手に入ると思わない方が良いです。これで生計を立てている業者も多いですし、私の知り合いの業者もやっているのであまり詳しくは書けませんが、冷静に判断されたほうが良いことは間違いありません。

これらはあくまでも目安ですし、信頼というのは相互関係ですので、ある人にとってはかけがえのない出会いであることもあります。この情報の扱いはご注意ください。