27
2017

新築だから安全というセリフはウソだと思え

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
特に新築業者がよく使うセリフなのですが、新築物件は保証もついて修繕費がかからないから中古よりも安全と言いますよね。まあ大雑把に言うと正しいのですが、実際は新築物件はトラブルも多いものです。それを正しく理解してから新築投資を始めましょう。

まず新築は完全な物件であると思っていませんか?水回りの故障もなく、家具の動きもスムーズで、建物トラブルがないものだと。実際に私も新築を建ててみたのですが、ところどころガス配管にミスがあったり、建て付けにズレがあったり、必要なところにコンセントが無かったりと、新築は全然完璧ではありませんでした。大家仲間の話では、水が出なかったり、配管が悪くていきなり大規模な水漏れが起きたり、築数年で湿気のために壁が傷んできたりと新築の建物トラブルには枚挙に暇がありません。もちろん保証・補修してもらえますが、中古物件では運営実績があるため少なくともこういうケースはありません

あとは契約してみたらウォシュレットがついていなかったとか、テレビのアンテナやオートロックがオプションだったとか、近隣住民からの建築反対運動に巻き込まれてしまったとか、笑えないトラブルをよく見かけます。これらは仲介している業者も知らないことが多いので、業者と協力して解決していくしかありません。ともあれ、基本的に解決できないトラブルはないと思って取り組んでいきましょう。