24
2017

新築投資の種類と対策

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
新築投資と言っても業者のビジネスモデルはいくつかあり、メリット・デメリットがはっきりと存在します。まず、最初から検討する必要もないのが、新築ワンルームマンション投資です。新築ワンルームマンション投資だけは今でも投資対象になりません。保有することに意義を感じる人や、お金が余っている人であれば問題ありませんが、現金も与信も限られている私たちには選択肢とならないことは昔と変わっていません。毎月損してまで投資をする必要はありませんし、節税もウソ(に等しい)です。

新築一棟モノ投資ですが、自分で土地を購入し、自分で建築業者を探してアパートを建築し、自分で管理業者を探してゼロから入居者を決めていく手作り新築投資から、業者が土地と建物、管理まで手配されたものを購入するパッケージ型の新築投資まであります。パッケージ型は入居者が満室状態になるまで家賃を保証するタイプのものまで幅広く選択肢があります。

自分で土地を仕込み、建築業者を探すのは、今どきの中古物件と変わらないレベルの利回りを確保できる可能性もありますが、かなりの資金とノウハウ、労力、リスクテイクが必要になるので、副業サラリーマンの不動産投資としてはあまりオススメできません。土地から仕込んで建築スキームを代行してくれるマネジメント業者もネットでよく見かけますが、リスクはオーナー持ちで値段が高くなるだけなので、本気でオススメしません。極めてメリットが少ない投資方法だと思ってください。