20
2017

ソフトの改善はお金もかからず高い効果

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
不動産投資は賃貸管理がうまく行かなければ、絵に描いた餅です。買ってしまった物件は変えられませんし、融資条件もそう簡単には変えることはできません。今からすぐに改善できることは管理だけです。年中満室は難しいかもしれませんが、それに近づける努力は必要です。不動産投資の構成要素は場所や建物、設備などのハードと、家賃条件や清掃、客付けなどのソフトに分かれます。ハードを良くするのはコストもかかりますし、そもそも大幅な改善はほぼ不可能です。しかしソフト面を改善するのは比較的容易で、しかもすぐに改善効果が出るものです。うまくすれば追加コストすらかかりません。

これこそが、私が管理を積極的に改善していくべきと考えている理由です。私の大家さん仲間でも、経営努力として管理面を改善してきたという人は結構少ないように思えます。物件を購入してから管理条件を変えた、または管理会社を変えたというのは10%もいないのではないでしょうか。もちろん管理会社が販売会社を兼ねているケースもあるので、次の物件を手に入れるために関係を維持するという目的があれば別ですが、販売と管理が独立しているケースであれば、何の躊躇もなく見直して良いと思います。

ただ、管理会社を変えるというのはなんとなく面倒ですよね。手続きが大変なのでは?引き継ぎでトラブルが起きるのでは?契約で縛られているのでは?などなど、懸念事項は尽きないと思います。重い腰を上げるためには、今、自分がどれくらい損しているのかをお金で計ってみるのが良いと思います。空室率による損、トラブル対応(時間)による損、原状回復に時間がかかって発生する損など、だいたいで良いのでお金に換算してみてください。仮に月5万円損しているのが分かれば、やる気になるはずです。

→不動産オーナーのための管理改善コンサルティングもやってます!条件はコチラと同じです。私は東京近郊の常識しかわかりませんので、遠方の物件や特殊な物件はご容赦ください。情報交換をしながら、更に収入を上げる努力・支出を減らす努力をしていきましょう。