04
2013

空室と滞納の影響

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
空室に次いで怖いのが滞納です。一応、債権(家賃を請求する権利)は発生しているので、空室よりはマシに思えますが、滞納が長引くとかなり厄介なことになってきます。私は最大3ヶ月以上の滞納は経験がありませんが、通常、滞納は3ヶ月を超えると全額回収は難しくなると言われています。

私の場合、滞納が発生したら管理業者に結構しつこく状況説明を求めるようにしています。業者も大家にうるさく言われるくらいなら入居者に督促をしてくれることが多いです。管理を任せている場合はくれぐれも入居者に直接文句を言わないようにしてください。これをやってしまうと、むしろ弱みになってしまいます。大家にとってはどうでもいい泣き言を言われたり、くだらない言い訳を言って、踏み倒して来ることが多いです。

大家にとっては滞納する入居者はどんな理由であれ客ではありません。冷たいようですが、経営をしている以上、しかたないと思っています。一番重要なことは、入居者に「うるさい大家だ」と思われることだそうです。とにかく管理業者にプレッシャーをかけて、目一杯入居者に督促するようにしてください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村