13
2018

入居者の「死」のリスクと対策6 ~自殺、他殺物件って見たことある?~

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
入居者の死で最悪なのが自殺、他殺です。これは私の大家仲間の物件では、まだ一度も発生したことがないので、私もリアルなデータを持っているわけではありません。それくらい発生率は低いものです。ただ、自殺他殺ですと「大島てる」などにセンセーショナルに載ってしまうので、さすがにダメージは大きいです。物件全体に影響を受けるケースがあるようです。

他殺物件は、実は私も売買物件として一度紹介をされて、一部興味本位で内見をしに行ったことがあります。もちろん新聞にも掲載されましたし、大島てるにも載っています。現場を見に行ったのは雨がしとしと降る日でした。昼から暗く、よりによって電気も切られている状態でしたので、携帯のライトを頼りに内見したことを覚えています。内装もキレイで、それがまた不気味さを醸し出していました。

3階の部屋の暗い一角が、シンとして、やけにヒンヤリと感じ、「絶対ここで殺されたな。。」と思ったのですが、あとで不動産屋に聞いてみると、1階の全然違うところで殺されたとのことでした。私の霊感が弱いというのもあるかもしれませんが、恐怖は気からということがよくわかりました。結局、この物件は相場の2割安くらいで外国人の方が購入し、シェアハウスにして経営していると聞いています。

まあ、大家にとって「入居者の死」は怖いものですが、経営が破綻するほどのダメージはないようです。全滅の可能性がある火災の方がよっぽど怖いものです。それですらある程度は保険が利くものですので、都市伝説に騙されず、果敢に賃貸経営に勤しんでいきたいと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村