02
2018

水災のリスクと対策1 ~滅多に起きないが怖い水災~

CATEGORY未分類
「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
賃貸経営をしていて、結構怖いリスクとして、水害が挙げられます。水災は建物に対してダメージが大きく、ちょっと床下をチェックすれば水災はバレてしまうため、隠しようがありません。告知義務もあるため、リセール時に結構値切られ、苦労します。

私の知り合いで発生した水災数は過去数件です。そんなに窪地でもないのに、なぜここで水災?というところで浸水しています。聞いたところ、どちらのケースも近所の排水からの逆流で、周囲が水浸しになってしまい、比較的低地にある自分の物件に水が流れ込んできたということです。川が増水して浸水したというわかりやすいケースではありません。

その浸水が発生した物件は、1階が半地下になっている物件でした。通常はポンプが働いているので水に浸かることはないのですが、ポンプの能力を超える浸水があったため、沈んでしまったと言っていました。もう1例は地下の貸倉庫部分だったそうです。こちらは近所に川がありますが、増水の影響ではないようです。浸水の深さは大したことなかったようですが、床面全体が水浸しになってしまい、地下であることも手伝って、元通りに乾くのに1ヶ月くらいかかったとのことでした。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村