01
2019

気持ちが疲れない原状回復のやり方

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
空室をきれいにし、決まりやすいリフォームをするということは、入居者にとって価値のある、選ばれる商品をつくるということです。入居者ももちろん新築でないことをわかっていますが、前の入居者の気配が残った部屋に住むのは抵抗があるものです。最近はリノベーションという大規模リフォームが流行っていますが、そこまでしないまでも十分なリフォームをかけることは必要不可欠です。

まず壁紙です。新築に近いなどではない限り、原則総取り替えしてしまいましょう。最低でも8年経っていたら完全に交換です。私が一番気になる点は臭いです。壁紙は臭いや汚れを吸い取るもので、いくら洗剤できれいにしても、臭いやくたびれ感は否めません。リフォームのコツは耐久財と消耗品を分けて考えることです。消耗品には安いものを使い、バンバン使い捨てをするべきです。壁紙以外も電気のヒモ、電球、パッキン、畳表などですね。

リフォームのコツにはもうひとつあって、予め予算を決めておくということです。ちょっと勇気が必要ですが、この物件の想定利益はこれくらいだから、毎年これくらいの修繕費はかけても構わないと割り切ってしまいます。そうすると予算ベースで判断できるようになるので、リフォームの高い安いはあまり気にならなくなり、必要か不要かだけで判断できるようになります。あくまでも不動産投資は経営と考えて、自分の財布と分けて扱うのが失敗しないコツです!
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング