15
2019

そりゃ営業してなきゃ決まらないよ。という話

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
客付け失敗の一番最後のケースは、なんと「実は営業されていない」というケースです。案外多いのですが、レインズにも載っていない、マイソクも作られていないということも実はあります。大家は当然客付け活動をしてくれているだろうと思っているものですが、適当な管理会社だとうっかり(!)忘れていたり、忙しくて後回しにされていたりということがザラにあります。不動産業界は適当過ぎだと思うような話です。

面倒ではありますが、都度募集のマイソクをメールで送ってもらい、ネットで掲出を確認するなどはしてください。専属専任媒介契約としていれば1週間に1度の報告が宅建業法で義務とされているのですが、これを守っている管理会社はあまりいません。毎週の状況報告を必ずしてもらった方が良いですが、これは法律にも関わらず、依頼するとウザがられてしまうというような業界です。管理会社との関係を良くして、常に営業状況を把握できるようにしておきましょう

また、ネットに載せるというプル型の営業も必要ですが、管理会社が地元の客付け業者をまわり、営業活動をするというプッシュ型の営業も大変有効です。管理会社はあまりやってくれませんが、必ず依頼するようにしましょう。ネット全盛の時代ですが、今でもやはり最後に入居者を決めるのは、街の不動産屋さんの営業です。ここにリーチできていなければ決定力に欠けます。

投資物件を買っても、入居者が入ってくれなければ絵に描いた餅です。いくら不労所得と言われていても、この営業活動だけは力を入れておかねばなりません不動産投資は不労ではなく少労所得です。ちょっとの努力で長く稼ぐと考えて、頑張っていきましょう。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング