17
2006

宅建試験 暗記モードに入る

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
だいたい宅建の概要と教科書レベルの知識を得たところで、次は試験に出る内容を暗記していくことにします。ここでのテキストはテストに的を絞ったらくらく宅建塾を選びましょう。なんとなくムカつく本ですが、テスト仕様のすばらしい本です。なんだか恥ずかしい語呂などを駆使し、出ないところはばっさりと切り捨て勉強しないという、試験にしか役に立たないです。しかし、テストには役に立つ本です

これよりあとは、このテキストを中心に勉強していきます。ただの表や文がなぜか立体的に覚えられるようになります。これも2回くらいは読んだ方が良いと思います。

XQXsh0273.jpg
私が使っていた2003年度版らくらくシリーズ

宅建の試験業界には代々伝わる試験用の語呂があるようです。10個くらいはどこにでも書いてあるのですが、らくらく宅建塾はレベルが違い、ほとんど総ての暗記事項に語呂をつけてあります。しかもどの語呂も読んでバカらしく、恥ずかしいものばかりです。そんなものまで語呂つけなくても覚えられるだろうというものも多いですが、お陰で頭の中で表を書き出すことができるようになります。

こういう本に出会うと、本当に宅建くらいで10万円も20万円もする講座を受けるのがバカらしくなります。試験テクニックの塊みたいな本です。

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。