01
2013

敷金の使い方と返金について1

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
入居時に「入居者が原因でできた汚れの修復や未払い家賃の保証のために預かるお金」というものが敷金なのですが、最近、敷金に関するトラブルが増えてきているようです。運よく私はまだ遭遇したことないのですが、トラブルは大家側に原因があることも多いようです。

だいたいちょっとのクロス(壁紙)の汚れや直射日光による日焼けなどを敷金で修復しようという大家が、入居者とトラブルになっていると聞いています。日常的な生活でできてしまった汚れや経年劣化などは敷金ではなく、大家が負担して修理するものです。全部敷金で修復させてしまうようなアコギな商売はするべきではないと思います。

東京近郊では、もはやほとんど敷金で修理することが不可能となりました。未払い家賃への充当の役にしか立ちません。

…とここまでが一般論です。これだとなんの役にも立ちませんので、大家側から見た敷金の上手な使い方についてお話したいと思います。

まず、敷金はだいたい2か月分くらい預かっていることだと思います。入居者はこのうち半分が返ってくればだいたい満足するようです。これが総ての基準となります。優良な入居者には半分以上返してあげると良いと思います。では残りの半分を頂くためにはどうするか考えたいと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村