15
2013

サブリース(一括借り上げ)というもの

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
例えばアパートを購入したとして、そこから上げられる収入を1万円でも増やしたいと思いませんか?私は以前購入したアパートはサブリースしてもらっていました。サブリースとは、アパートを丸ごと一件管理業者に借りてもらって、管理業者が自社の責任で入居者集めや管理などをするという仕組みです。これはアパートオーナーにとっては一定金額で借り上げてもらうので、リスクが安定して手間もかからないというものです。しかし高いところで20%程度のサブリース料を取られてしまうので、オーナーにとっては少し割に合わない可能性もあります。

私はできる範囲内で少しでも収益を上げたいと思い、このサブリースを今回取っ払ってしまいました。そうすることで計算上は40万円/月だった収入が55万円/月に一気に上がりました。しかし空室リスクや管理費用なども発生することになりました

それでもちょっとは有利な運用になるのではないかと考えています。サブリースは新しい物件であれば比較的簡単に受けてくれる会社もあるのですが、築10年を超えるとサブリースを受けてくれることは少なくなります。立地が良かったりすると話は別なのですが。

アパートの建築業者がアパートを受注するためにサブリースを組むということも多いようです。代表的なものがレオパレスなどです。こういう業者は10年くらい経って物件に競争力がなくなると一方的にサブリースの解約を迫ってきます。新築のおいしい時期だけ甘い汁を吸い、古くなるとオーナーに押し付けるという卑怯な商売です。裏を返せばレオパレスの物件は常に新しいものだということです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村