19
2013

空室率の実際

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
大家にとって大きな懸念となるのはやはり空室なのですが、実際、私が東京都圏で保有している物件の入居状況を見ると、だいたい90%強くらいではないでしょうか?こればかりは本当に運に左右されるような気がしますが、10%程度は空室が発生しているように思えます。法人向けの物件も保有しているため、金額ベースで言うとそこまで行きませんが、部屋数で言うとそれくらいになると思います。

都心のど真ん中の物件の場合、私が持っていたものは比較的ハイグレードなもので40平米弱でした。近隣家賃相場で言えば16万円くらいです。ここを賃貸に出そうとした時、場所もグレードも良かったのですが、多くの内見者に言われたことが金はもっと出すから広い方がいいということだったそうです。このクラスの入居希望者は根本的に金持ちで、狭くてそこそこの家賃というよりは、高くてもその他の条件がすべて揃っている必要があると考えるようです。庶民の私にはちょっと理解できませんでしたが、いくらグレードがよくても場所にあったニーズを満たす物件でなければいけないのですね。

この物件ではだいたい3ヶ月くらい空いていたと思います。偶然にもある地方の法人が東京の拠点として部屋を借りたいと言ってくれたので、決まったと記憶しています。それでも銀行返済が月々12万円くらいだったので、36万円程度の持ち出しとなりました。

ついこないだまで、長く空いているアパートの部屋があったのですが、これも決まらない理由が分からないのです。かなりの人に内見してもらっているのですが、なぜか何ヶ月も決まりません。金額が低いのでたいした痛手ではなかったのですが、それでも毎月4万円くらいの家賃を逃していると考えるともったいないと思います。あまりにも決まらなさすぎるので、礼金不要とし敷金も1ヶ月、フリーレント1ヶ月と破格の条件にしました。これで決まったらまた報告します。

条件変更したらすぐに決まりました!やはり条件が問題だったみたいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村