10
2013

リフォームにはいくらくらいかかるのか?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
入居者が出て行った後はやはりきちんとリフォームをするべきだと思います。ではだいたいいくらくらいを想定しておけばよいのでしょうか。ちなみに私の場合はある程度思い切ってリフォームすることにしています。床はともかく壁紙は結構大胆に張り替えることが多いです。

大家にとっては「これくらいの汚れなら…」と考えがちですが、入居者から見ると結構気になるようです。普通のグレードの賃貸の場合、とにかく見た目さえきれいであればいいのです

ワンルームの場合ですが、壁紙の張替えとなるとだいたい一部屋6万円くらいのようです。床も合わせると合計で10万円を超えるくらいが妥当な金額に思えます。壁紙、床(クッションフロア=フローリングのような模様の少しやわらかいビニールっぽい素材)の材質は一番安いもので問題ありません。普通のグレードの部屋であれば壁紙は白、床は明るい茶色にすると良いです。

意外な盲点となるのは電球で、これもちょっと古くなっているようであれば、大胆に総て交換した方が良いと思います。蛍光灯などはあまり気がつきませんが、古くなるとかなり暗くなります。電球も1本あたり数百円です。部屋はとにかく明るく見せることが重要で、窓についたほこりを拭くなど、できることは全部やりたいですね。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村