28
2013

なにが決めてとなるのか?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
さて、今度は物件自体の競争力について考えてみましょう。以前、良い物件の条件で紹介したのですが、それに加えて、最近ですとインターネットが使えるということが選ばれる基準になってきたようです。アパートやマンションをお持ちの大家さんはご一考されてみると良いと思います。インターネットはマンションタイプというものがあって、入居者が契約するだけで光回線が使えるようになります。

また、郊外の物件であれば自転車置き場が整備されていることも重要です。どこでも好きに置いておけばいいと大家は思うのですが、入居者はできるだけ専用のスペースを求めています。ペンキで床に線を引くだけでもいいので、整備をしておくべきかと思います。

さらにできれば基本的な設備が揃っていた方がよいと思います。台所のガステーブルなどは基本的に入居者の負担ですが、手持ちがあれば置いておいてあげると入居者の支出が減るので喜ばれます。また、照明器具等もないよりはあった方が強い思います。内見しにいって照明のひとつもないと暗くて雰囲気もつかめず、がっかりするではないですか。

他には私の場合は押入れしかない物件にもらってきた衣紋かけを置いておいたら喜ばれました。不要なら不要で引き取ればいいだけの話です。不動産業界の常識では設備は基本的に入居者持ちとのことですが、極端にお金のかかることでなければこちらで用意しておいた方が競争力が高くなるに決まっています。