19
2008

熱意で不動産屋を動かす

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
私の先生である不動産屋には、不動産投資はまずワンルームを複数戸持ち、それで安定させながら実績を作り、それから大きな物件に手を出すのが常套手段だと言われてきました。私は現在でもそれが一番普通で手堅いやり方だと思っています。また、自分の収入などから言っても、一戸建てよりも高い数千万円もするアパートを一足飛びに購入することなど不可能だと思っていました。

ところが不動産屋に雑談でアパートが欲しいと語ってから数ヶ月経ったころ、本当に運良く金策に困ったある個人会社から5千万円クラスのアパートを引き取ってもらいたいという話が来たと連絡があったのです。聞けば埼玉県ではあるものの10戸規模のそこそこ大きなモノでしたので、無理だとは思いながらも物件を見に行きました。

そこは遠かったですが、かろうじて東京までの通勤圏内であり、物件は駅から徒歩10分弱でした。広いロフト付きの物件だったのでひと目でほれ込んでしまいました。まだその時も無理だと思いながら不動産屋に手に入れられるものならば是非手に入れたいと相談すると、じゃあ一肌脱ぐかという話になりました。

この時は本当に熱意を持って自分の本気度を説得したのが良かったのだと思います。不動産屋は実は多くの裏技を持っています。これを引き出して自分のために使ってもらえるような関係を築くまでが大変だと思います。私の場合は熱心さによって動いてもらえたのだと思います。参考になるかわかりませんが、念のため。