02
2006

有利な投資用物件情報の探し方

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
私の場合、投資用の物件情報はほとんど不動産業者からの個人的な紹介から得ています。マイソク(チラシ)やインターネットで広まっている物件情報良いモノは必ずライバルがいるはずです。しかもそのライバルは多くの場合、私よりもいい条件であることが多かったです。例えば現金でポンと一括払いしたり、売り手の言い値で購入するなど、頭金も用意できないいわゆる貧乏投資家の私とは勝負にならないのです。

ほとんど全額をローンでまかないたい私たちサラリーマン投資家は、なんとかして一般に出回る前に物件情報を押えたいと思います。一般に出回る前とは、売り手が不動産業者に相談に来た時点でまだマイソクも作っていない段階のことです。不動産業者もいちいちチラシやインターネットに登録する手間も費用ももったいないので、手持ちの客がいればその人に売り込みたいと思っています

不動産業者にとって手持ちの客とは、ある条件の物件を購入したいと考えていて、その旨を不動産屋に伝えている、要は「待ち」状態にあるお客さんのことです。「いい物件があれば声かけて」というやつです。まずはこの状態になることを目標にしましょう。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村