02
2006

有利な投資用物件情報の探し方

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
私の場合、投資用の物件情報はほとんど不動産業者からの個人的な紹介から得ています。マイソク(チラシ)やインターネットで広まっている物件情報良いモノは必ずライバルがいるはずです。しかもそのライバルは多くの場合、私よりもいい条件であることが多かったです。例えば現金でポンと一括払いしたり、売り手の言い値で購入するなど、頭金も用意できないいわゆる貧乏投資家の私とは勝負にならないのです。

ほとんど全額をローンでまかないたい私たちサラリーマン投資家は、なんとかして一般に出回る前に物件情報を押えたいと思います。一般に出回る前とは、売り手が不動産業者に相談に来た時点でまだマイソクも作っていない段階のことです。不動産業者もいちいちチラシやインターネットに登録する手間も費用ももったいないので、手持ちの客がいればその人に売り込みたいと思っています

不動産業者にとって手持ちの客とは、ある条件の物件を購入したいと考えていて、その旨を不動産屋に伝えている、要は「待ち」状態にあるお客さんのことです。「いい物件があれば声かけて」というやつです。まずはこの状態になることを目標にしましょう。