05
2006

有利な投資用物件の探し方3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
未公開物件情報については、一般に公開されている情報(※)よりも金額的にも条件的にも比較的有利なことが多いと感じます。売り手は多くの場合、相場を知らないため、業者に適切な金額を相談するようです。ある意味、売買金額は業者が相場を見て決めていることが多いようです。

※一般に公開されている情報とは物件情報を業者間でシェアするためのシステム「レインズ」に登録されていたり、チラシやインターネットで不特定多数の相手に商売を持ちかけている情報を指します。
ですので、未公開情報は相場に左右されることなく、売り手がYESと言えばその金額で決定させることができるのです。公開される前に情報を手に入れたい理由はここにあります。

ところが私が出会った未公開物件情報の多くは何かしらの条件付であることが多かったです。例えば、商売上の資金繰りで苦しくなったため、何月何日まで(結構無理な日時を指定される)にこの金額で買ってくれないかとか、今日中に物件を見に行かないと間に合わない(東京に住んでいるのに仙台の物件)とか、サラリーマン大家にはかなり苦しいことが多かったのです。

もちろん私は仕事に大きな影響がない限りは、腹痛だ頭痛だとか言って会社をサボり、物件を見に行ったり資金繰りに奔走したりとしてきました。

この無理な条件をクリアできると、物件をよい条件で手に入れることができる可能性が飛躍的に高まります。なにせ相手も何かに追い詰められているので急いでいるのですから。