category: 不動産投資目線で見た自宅論  1/4

一戸建てもマンション同様のコストがかかると思え

一戸建てについても同様のことが言えます。一戸建ては毎月の管理費も修繕積立金も必要ありませんが、実は隠れたメンテナンスコストなどがかかっています。修繕や掃除などはぜんぶ自分でやらなくてはいけないから、マンションのように毎月決められた一定額を支払う必要がないだけです。「一戸建てはマンションのように管理費修繕積立金がかからないから有利」などというセリフは大間違いです。自宅でメンテナンスコストの高い設備と...

自宅選びは見えない費用に気をつけよう

自宅を選定するにあたり見落としがちなのが、管理費・メンテナンス費です。皆さんはマンションを購入する際に管理費・修繕積立金はどれくらい重視していますでしょうか。私はかなり厳しく検討します。例えば憧れ(?)のタワーマンションなどを検討してみましょう。タワマンははっきりいって「ビル」ですので、管理や維持にとんでもなくお金がかかります。いつも警備員が立っていて安心だとか、フロントにコンシェルジュが常駐してい...

不動産自体よりも重要なご近所さんの「住民の質」

あとは自宅選定に最も重要なことが、その地域の「住民の質」ですよね。はっきりいって住民の質は資産性よりも重要なことかもしれません。賃貸不動産であれば、そこに適応できる人が入居するのであまり気にする必要はありませんが、自分が住むのであれば「水が合う」場所を選ぶのは絶対条件だと思います。私個人の趣向としては、比較的ドライな人間関係で、お互いにあまり興味がない人が多い地域が好みです。人情の下町よりも自由さ...

建物の大敵「湿気」

他には全体的に湿気ていないところなども挙げられます。私も昔持っていたアパートで、どうしても湿気が抜けずに、いつもカビっぽい部屋がありました。何度直しても入居者が変わってもカビがビッシリで、壁紙は剥がれるわ、床は腐るわ、そのせいですぐに退去するわで大変でした。建物に湿気は大敵だと考えたほうが良いと思います。湿気が多いところというのは、谷戸のような湿度が高く風通しが良くない地域や、沼などを埋め立てた地...

土地に「神様」のいるところを選べ

あと私が最近強く思っていることは、急激に人工的に作り上げた街は衰退も早いということです。昔のケースだと多摩ニュータウンなどの大手デベロッパーが山を造成して無理やり作り上げた住宅街は、新陳代謝がうまくいかず、住人の高齢化とともに一気に枯れていきました。これは住民の年齢層に多様性がないことと、一度出ていった子どもたちが戻ってくるほどの資産性もないところから、住人が死亡したらそのまま放置されてしまうこと...