24
2015

大型物件のデメリット

以前も一部書いたことですが、私がやってきた不動産投資歴として、まず不動産業者に勧められるがまま、中古の区分所有をいくつか購入しました。当時はそれしか自分に選択肢がないと思ったからです。次にだんだんと欲が増してきて「やっぱ男は一棟モノでしょ」とか夢を見て中古の木造アパートを2件ほど手に入れました。そうするとますます夢見がちになってしまい、最後には鉄骨の小規模なビルを手に入れるようになりました。

紆余曲折は省いていますが、だいたいそんな感じです。もちろん次は「鉄筋コンクリートの一棟モノ狙いですよね?」と良く聞かれますが、実は私は都心のワンルームなどの小規模物件も視野に入れています。なんで今さらそんな初心者向けの物件を考えているの?と言う方が非常に多いです。

もちろん大型のRC物件は構造も頑強で、収益も比較的大きく、大家にとってはゴールであるような印象が否めません。それは一部間違っていないと思います。このように世間では、不動産投資は大きければ大きいほどいいと思われている節がありますが、実は大型物件には結構デメリットが潜んでいます。もちろん各種の条件次第ではありますが…。