14
2018

不動産投資に必須の火災保険

CATEGORY未分類
保険の話が続いたので、少し火災保険についてお話したいと思います。保険なんて使わないものと思っている方もいるかもしれませんが、不動産投資では保険はリスク管理をする上で極めて重要な要素になります。私も過去、当然保険が適用できる領域のトラブルがあったとしても、保険の使い方を知らなかったため、無駄に自腹を切っていたというケースが何回もあります。

恥ずかしい話ですが、私も嵐でアパートの屋根が壊れた時、風で部屋の目隠し壁が倒れた時、雷でテレビアンテナが壊れたときなど、昔は何も知らなかったので、結構な修理代を自腹していました。当時は不動産屋さんと保険屋さんに、だいぶ小バカにされていたのだと思いますが、お陰でどういうときに保険が使えるかがよくわかったので、まあいい勉強になったと思うようにしています。

まず、わかっている人には当たり前の話ですが、不動産の火災保険は「火災のためだけの保険ではない」ということです。初心者の方と話をしていると、意外と知らない人が多いです。不動産損害保険とかそういう名前に変えてほしいくらいです。火災でも風災でも水災でも外部からの破損でも、偶発的な被害であれば、だいがいなんでも対象になります。