26
2019

ネットやセミナーでの情報に注意!満室強迫症とは

一番よくある不動産投資病は、満室強迫症です。ネットや本などを見ると、「満室経営!」という文字が踊っていますよね。もちろん満室であった方が良いに決まっていますが、現実ではどんなに完璧な経営をしていたとしても100%満室などは不可能です。ましてや不動産投資は物件を持ってやってみないとわからないものです。買ってみてから予想と違ったということも少なくありません。経営なのですから当然ですよね。

まず、不動産経営の大原則として、入居状態には波があると思ってください。ずっと一定の状態が続くことはほとんどありません。あるとしたら法人の一括借上げくらいです。常に入居・退去を繰り返しながら、だいたいいつも○○%~××%くらいの入居率をキープしているなという感じです。普通の賃貸物件で行列のできるアパートとかはありえませんので注意してください。

入居状況を焦っても焦らなくても結果に何の影響もありませんので、だったらストレスを感じないで生きたほうが資産家らしいのではないでしょうか。ネットに書かれているような細かいテクニックを弄してもそんなに対した効果はありません。まずは満室でなくても正常であることを認識することが最初になるかと思います。