26
2019

そんなに不動産投資に夢を見すぎないこと

エラそうに書いている私自身なんかも全然完璧な投資ができているとは思っていません。不動産としては超絶利回り物件を持っているわけでもないですし、金利がまだ高い融資案件もあります。ちょっと郊外の物件や、少々築古な物件もあります。経営面でもいまいち成績が振るわないなという物件もありますし、そろそろ大規模修繕が必要だなと思っているような物件もあります。

それでも複数物件を保有して、地域や種類を分散しながら運営し、小さいトラブルを何度も経験していると、大数の法則ではありませんが、ある程度経営が安定して、リスクも一定の範囲内に収まってくるものだと感じております。そういう意味で100点満点の投資である必要はなく、60点程度の物件でも分散多数保有することで極めて安定した経営が成り立つものだとわかっています。

私がザッと見る限りネットやセミナーで言われているような夢のような不動産投資などは寡聞にしてあり得ない話だと確信していますし、それを実現しようと勉強することは時間の無駄でしかないわけです。少々の安定したキャッシュフローをコツコツ積み上げるのが王道で、それ以外の近道は一般人には開かれていないと認識し、変わったことを志向せず現実的に、地味に一歩一歩進めるしかないのです。