18
2019

戸建ての管理は結構大変

リフォームのクオリティについてですが、ネットの情報を見るとIKEAの家具を備え付けたり、自宅で余った中古の大型テレビを置いておいたりと、そんな程度のリフォームで本当に賃貸がつくか?と思うような事例も見かけました。リフォームの鉄則は「やるならガッツリと」です。部材は高いものでなくてもよいのですが、お金のかからないとこばかりケチなリフォームをするのではなく、やるからにはちゃんとユーザー目線でのリフォームを行うことが必要なのではないかと思います。

と思えば、今度はやりすぎの事例もよく見かけます。壁の塗り直しから水回り、フローリングまでフルリフォームしているケースですね。これは入居者から見ればありがたい話ですが、総工費を考えると、もっといい場所のRC区分所有が狙えるのでは?と思うようなものもありました。もちろん相場よりも極端に高い家賃はつけられません

話が逸れてしまいましたが、もともと価値の低い場所の築古ですので、ちょうどいい塩梅のリフォームを安く行うのは結構難しいわけです。ましてはノウハウや業者ツテのない人には相当困難だと考えるべきです。

あとはインターネットなどですね。アパートですと1戸あたりの割安インターネット接続サービスがあるので無料でも提供可能ですが、戸建てのインターネット接続は高いです。例えば10万円の家賃が一戸に対して5,000円~7,000円はしますので、割に合いませんよね。こうやって見てみると、何かと戸建て投資は管理がしんどいのです。