15
2019

戸建て物件投資は業者のためのビジネス

こう考えてみると、戸建て投資は、基本業者のための商売ではないでしょうか。気軽な金額なのでリスクを意識させることなく投資家に売ることができるし、リフォームでも素人投資家をカモにすることができて儲かるので、高額なアパートが融資が出ないため売れない現在、もっとも業者が儲かるだけのビジネスに見えて仕方ありません。

「でもアパート買えないから、仕方ないじゃん」という方もおられるお思います。その通りです、仕方ないと思います。しかし、仕方なくてもマイナスになるような投資をするべきではないと考えます。今、戸建て投資をやるのはやりたい投資(大型のアパート投資など)ができないからですよね。戸建ては借金がしなくて安心かもしれませんが、自己資金を失うというリスクを十分負っているのを認識するべきです。

不動産投資は消費でなく事業であり、サラリーマン根性で判断してはいけないです。事業家目線で投資するべきかを判断してください。借り入れは悪やリスクではなく、あくまでも事業経費だということです。不動産投資に「いい話」はないと肝に命じておくべきかと思います。

あえて言うなら、戸建て投資の一番のメリットとしては自己資金でできるというところかと思います。金融機関からの融資は面倒で時間もかかる上に処分の自由度も低いため、自己資金でできるということは余計な苦労やストレスを感じずに思った通りのアクションができるので、気分良く取り組めるのではないかと思います。逆に言えば、戸建て投資にはこれくらいしか大きなメリットはないです。