08
2020

お金を借りるために引っ越しをする

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
>②与信上有利な場所に引っ越しができる(住民票を移すことができる):
 これは要は、お金を借りるために引っ越しをするという意味なのですが分かりますでしょうか?今、あなたが住んでいるところではお金を貸してくれない銀行があるという意味です。

金融機関は全国どこに住んでいてもお金を貸してくれるわけではありません。自宅住所、勤務地住所、購入したい物件住所などで、ある程度使える金融機関が絞られてしまうのです。例えば、青梅信用金庫という金融機関であれば、物件住所と勤務地住所が東京の西側でなくては対応しないとのことでした。同様に千葉銀行であれば環八より西側の物件には原則融資しないと聞いています。例外は多くありますが、このように金融機関(と、その支店)には対応エリアというのがあり、住所が邪魔をして融資が活発な金融機関からお金を借りられないというケースは結構頻繁に発生します

総ての金融機関が不動産投資に積極的というわけではありません。私自身も独身の頃、融資を受けるためだけに不動産投資に積極的な銀行のそばに引っ越しをしたことがあり、おかげで初期の資産拡大がスムーズに進んだということもあります。また、あまり積極的にお勧めはしませんが、自宅を持っていると住民票が移せないということもあります。賃貸であれば結構自由に住民票だけ移動できるので、賃貸は表面上の住所移動がしやすいというメリットもあります
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング