16
2020

不動産投資視点での自宅を持つことのメリット

では、不動産投資視点での自宅派のメリットを考えてみたいと思います。

銀行から見ると自宅を持っていることでその人の信頼性が高まる
キャッシュフローベースでは「住」にかかる支出が少なくて済む
③(立地などにもよるが)返済が進めば担保力の高い不動産を持つことになる

などが、挙げられると思います。

①銀行から見ると自宅を持っていることでその人の信頼性が高まる:
 だいぶ前に銀行マンと飲んでいた時に聞いたのですが、銀行からすると「どこの馬の骨かわからない人にお金を貸すのは怖い」と感じるとのことです。そりゃそうですよね、住所不定無職よりも生活の拠点があって収入のアテがある人の方が信頼性が高いのは当たり前のことです。銀行は要は「ちゃんとした人」にお金を貸したいのです。住宅ローンにしばられていて逃げ場のない人であれば、貸しても責任持って返済してくれそうですからね。
※賃貸の人がちゃんとしてないという意味ではありません

自宅を持つということは、確かにローンを組んで見えないお財布(与信枠、個人の借入可能額)の枠を使ってしまうことにはなります。しかし自宅という、普通の人なら簡単に手放すことはしない、決まった拠点・固定資産を持っているという「ちゃんとした人」であるという風に見ることもできるわけです。よく金融機関界隈で言われるのが「自宅を持っている人は逃げない」という言葉です。こういう人に貸したくなるのもわかる気がします。