29
2011

経営者魂を身につけよう9

最近は猫も杓子も不動産投資ということで、本来性格的に向いていない方もこぞって不動産を漁っている状況です。私が相談に乗っている方も、以前は不動産経営をやるんだという心意気がある方が多かったのですが、最近は「おれは客だぞ」というタイプの方が非常に多くなってきた気がします。

不動産業者の力を借りないとモノゴトが動きませんから、こちらの情報や考え方もきちんと話をして、がっつりと本気で取り組んでもらえないといい結果にはなりません。自宅を買うのとわけが違います。「何故か業者が思うように動いてくれない」と嘆いている方は、一度、ご自身の振る舞いを振り返ってみると良いと思います。

不動産投資家となるということは、自分も不動産(業者)になるということを忘れてはいけません。ビジネスパートナーである不動産屋に押し付けがましい態度で接していないか、ギブテクのギブを忘れていないかなどを意識して付き合うと、良い業者であれば必ず変わってくれます