07
2020

自宅選びは見えない費用に気をつけよう

自宅を選定するにあたり見落としがちなのが、管理費・メンテナンス費です。皆さんはマンションを購入する際に管理費・修繕積立金はどれくらい重視していますでしょうか。私はかなり厳しく検討します。例えば憧れ(?)のタワーマンションなどを検討してみましょう。タワマンははっきりいって「ビル」ですので、管理や維持にとんでもなくお金がかかります。いつも警備員が立っていて安心だとか、フロントにコンシェルジュが常駐しているので便利だとか言われていますが、あれは総てコストです。ご存知の通り、人件費ほど高いものはないと考えるべきです。

また、設備についても「あれば嬉しい」施設ほど要らないものはありません。ジム、プール、パーティールームなど本当に必要でしょうか?駅から離れているところなので、マンション住民専用のバスを頻繁に走らせます!とかいうチラシを見かけますが、何十年も続ける取り組みだと考えると凄まじいコストだと思いますよ。私が理想とするマンションは必要最低限の共用設備で、極力メンテンスコストを抑えられる物件です。緑地も心のオアシスにはなるかもしれませんが、庭の整備や草むしりは何十万円、何百万円もかかるのを忘れてはいけません。私の場合は自宅はシンプルで、緑と触れ合いたい時は近所のタワマンの豪華な公開空地をタダで使わせてもらっています。

もちろん考えによりますが、オートロックとエレベータ、セキュリティ以外の設備は実際のところ必要ありません。ただでさえ多大な住宅ローンをかかえているところ、それに加えて数万円/月の管理費など正気の沙汰ではありません。支出はなるべく消費性ではなく投資性のコストに振り分けるようにしましょう。消費性が高いお金の使い方の方が楽しいと言えば楽しいんですが、消費性の支出が多いことは、投資家らしいお金の使い方ではないと認識するべきかと思います。