27
2020

年収3000万円を実現するためにはコレだ!

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
雇われることで収入を得ている限り、年収3000万円稼ぐことは99.9%不可能で、先の雑誌のタイトルにかかれているように、今いるそのフィールドで努力することは年収3000万円という目標達成にはまったくつながっていないということです。子供が「大きくなったら王様になりたい」と言っているのと同じレベルの無駄な努力です。

例えばこの年収3000万円をサラリーマンの壁とすると、その壁を超えている人の多くは、事業を持っている人か、資産を持っている人かのどちらかです。事業を興すことはある程度才能と時間が必要ですが、資産を持つのは人間であれば誰でも時間を使うことなくできることです。そういう意味ではサラリーマンが3000万円の収入を超えるためには資産を持つしか選択肢がないと言っても差し支えないと思います。

そしてサラリーマンが確実に資産を持つほぼ唯一の手段が不動産ではないかと思っています。株やFX、仮想通貨などは確かに資産を増やすことにつながりますが、資産を減らすことにもつながります。また原則レバレッジが効かず、少ない自己資金を元手に効率よく資産を増やすことができません。その点、不動産はうまくやれば人のお金を使って自分の資産を築くことができ、借金も利子も他人のお金で返すことができる非常に都合の良い資産形成であると言えます。

このように、今やっている努力がきちんと真の目標につながっているか確かめるべきだと思いますし、その努力するべきフィールドが目標の実現が本当に可能なフィールドなのかを見直してみるべきでしょう。お金稼ぎの究極は(言葉は汚いですが)「楽して儲ける」ではないかと思います。

勉強のために勉強してはいけません。

以上、不動産のノウハウではないかもしれませんが、多くの相談者がぶち当たっている壁であり、そして実はあまり理解されていないのではないかと感じたことからまとめてみました。実際に書いてみると安っぽい自己啓発書に書いてあるようなことばかりで大変恐縮ですが、参考になれば幸いです。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング