05
2021

法人を作るなら合同会社がオススメ?株式会社は?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
不動産投資をするために法人を作る際、悩むのがどのタイプの法人を作るかということです。ご存知の通り法人には株式会社、合同会社、合名会社などがあり、各々特性が異なります。ちなみに有限会社は数年前になくなりましたので新規設立はできません。

法人立ち上げというと「やっぱり株式会社でしょ、カッコいいし」という方が多いと思います。株式会社は「代表取締役」という肩書が使えますし、私も正直カッコいいと思っています。が、こと不動産投資用のプチカンパニーとしての株式会社は余計な費用がかかりすぎる上に、諸事務手続きが非常に面倒なのでおすすめできません不動産投資用のプチカンパニーには、ハッキリ言って合同会社一択です。

合同会社は設立が非常に簡単です。費用も最低限です。毎年の事務手続きがあまりありません。もちろん最低資本金も1円です。欠点といえば、社長の肩書が代表取締役ではなく「代表社員」となるため、なんとなくあまり格好良くないということくらいです。個人の儲けを最大化したいのであれば合同会社にしておきましょう

ちなみに会社設立はメチャクチャ簡単です。司法書士などにわざわざ高いお金をかけてお願いする必要などありません。ネットで「自分で会社設立」など検索してみると、空欄を埋めていくだけで法務局提出OKな書類を数千円で作れるサービスがいくつか出てきます。ほんの少し平日に法務局に行く必要がありますが、それができるのであれば法人は自分で作って節約しましょう
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング