30
2021

不動産投資と法人の銀行口座

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
不動産投資をする以上は、個人であっても法人であっても銀行口座は必要になります。新規法人は銀行口座を開設するのが非常に難しいです。個人でやるのと同じように普通に窓口に行って法人口座を開設しようとするとかなりの確率で落とされますので覚悟しておいてください。ただし、個人が新規法人で金融機関で融資を受けて物件を購入しようとする場合は別です。融資とセットで必ず口座を作ってくれます。多くの場合は不動産業者が代理で銀行交渉をしてくれていることでしょう。

銀行口座は当然インターネットバンキングを付けておいてください。法人でネットバンキングを使うと毎月1~3千円くらいの利用料がかかります。また、電子証明書が普通ですので、個人口座のようにスマホなどで手軽に使うことは基本的にできません。しかし今どきわざわざATMに行って通帳記帳したり振込に並んだりするのは副業で不動産投資をやっている私達には大変なことですので、少々お金がかかってもネットでできるようにしておくべきです。蛇足ですが、信用金庫を使っている人は、どこの信金でも近所の信金のATMで通帳記帳ができますので覚えておくと良いと思います(西武信金や城南信金など例外もありますが)。

数年前まで、毎月家賃入金日になると銀行のATMに並んで入出金履歴を通帳記帳しに行っていたことを考えると、全部自宅で銀行関連の仕事ができるインターネットバンキングは隔世の感です!とは言うものの、日本のネットバンキングのシステムは非常に使いにくく、どこもお粗末です。UXデザイナーが参加していないのだと思いますが、レガシー系の銀行で使いやすいネットバンキングシステムは皆無ですね。残念なことです。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング