17
2021

不動産投資でFIREできるのか?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
そこで本題に戻るのですが、私のところに相談に来られる方は、やはり不動産投資に"FIRE"の可能性を見出している方ばかりです。そうすると「果たして、不動産投資で"FIRE"は実現可能なのか?」が疑問に思われると思います。

結論から言うと、「不動産投資でFIREは可能」です。

しかもリスクや苦労で比較すると、金融投資でFIREを実現するよりは、不動産投資でFIREを目指すほうが、楽で安全で早いのではないかと思います(よく言われる、ドル建ての毎月分配型投資信託などと比べてもです)。

金融投資で資産(タネ銭)を増やすためには時間と運が必要です。金融は人に資金を供出して、事業をしたリターンでお金を増やすという構造だからです。つまり、ちょっとずつ右肩上がりで資産を増やして(たまに市況で資産を減らしながら)いき、場合によってはFIREまでに何十年もかかるということです。

一方、不動産投資というものは、金融機関からお金を借りて、それで物件(=タネ銭)を購入する事業なので、収入が発生するにあたり時間をあまり必要としません。つまりはじめてすぐに全開で収益が発生し、その代わりに毎月長い時間をかけて少しずつ借入金返済をしていくわけです。そもそもの構造が違いますよね。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング