12
2021

リスク(と思っていること)のほとんどは「なんとかなる」

そういう意味で、私はバカと呼ばれることをむしろ誇りに思っているのですが、ここで言うバカとは事業全体を俯瞰してリスク(可能性)と得られる果実(これも可能性)をちゃんとバランスして、行けそうならやってみることのできる行動力のある人のことではないかと思います。

私が不動産投資のアドバイスでお会いする方は、勉強熱心なエリートの方が多いので、旧来型の"安全"や"確実"を特に重視されます。借金するリスク、賃貸経営が立ち行かなくなるリスク、災害リスク…などなど、不動産投資では想定されるリスクはいくらでも出てきます。ただ、勉強で知っただけのリスクがどの程度の確率で発生して、どの程度のダメージを受けて、どうやって回避・回復するかなどまで分かっておられるでしょうか。この点で事業全体の俯瞰ができていないように感じられます。

もちろん私も性格的には安全を重視するタイプではあるのですが、それ以上に現実を見ていると思います。私も20年近く不動産投資をやってきましたが、皆さんが言われているようなリスクは「なんとかなる」ものがほとんどでした。これは実際にやってみて感じていることですので、誰にも否定できない事実です。私に特別優れた能力があるわけではなく、「すべてのことはなんとかなる」と思っているだけです。