08
2024

6 ラブホテル買収の怖いところ

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで800人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
「ホテルの土地・建物を保有し、法人で風俗営業許可を得ている、法人を買収する」と文字で書けば簡単なのですが、企業買収は素人には極めて怖いポイントがたくさん隠されています。私がやってみたところ、経営というものはそこそこ結構大変です。ここではラブホテルの買収時に怖いと言われているポイントをお教えします。 


まず一般的な企業買収の注意ポイントですが、「隠れ債務・債務保証」等があるかどうかです。企業を1億円で購入したとして、実は2億円の借金がありました。ということも少なくないそうです。企業経営に借金はつきものですから、ラブホテルの建築費・改装費、またはその他の借り入れなどが残っていることがあります。企業はオーナー(株主)が変わると、総ての権利義務が新オーナーに移ります。ですので、隠れ債務に気が付かずに買収すると、後からどこからともなく借金取りが現れて、厳しい取り立てに合うことも。。と言われています。


 この問題はなかなか対処が難しいですが、きちんと信頼できる税理士がついていて、「万一、後日隠れ債務が出てきた場合、前オーナーが返済します」という一筆を書いてもらうことくらいしかないのではないかと思います。まあこれすらもどこまで効果があるかわかりませんが。もともと私たち一般人が目にする案件で、ピカピカで問題ひとつない企業買収などありません。100%後から何か大小問題が出てくると考えておいたほうが良いです。問題も含めての買収だと思ってください。 


あと、ラブホテル買収でよく言われるのが、ヤ◯ザ絡みや某国系の問題が関わっているケースがあるのが心配ということです。私が知る限り、そのような物件はそれほど多くないと思うのですが、人づてに聞いたところ、ゼロではないようです。ですが、具体的にどういう事件が起きるのかを聞いたことがないため、ひょっとしたら都市伝説かもしれません。こと風俗案件はヤ◯ザが絡むと思われているためでしょうか?少なくとも私が保有していたラブホテルは、総てそのようなできごとはありませんでした。出自のしっかりしているラブホテル(というのも変ですが)を選ぶことをおすすめします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
不動産ランキング
不動産ランキング